本好きは本を買うべきか
  
別にブログじゃなくて
自分の日記帳に書けばいいような
独り言
なんですが

ブログの
個人の考えを簡単にネットで公表できる
という特性を生かしてみようと思いまして
こちらに書きます。

……読んでくれる人がいるかどうかは別にして。はあ


      

本が好きです。
本がないととりあえず落ち着きません。
本が好きすぎて、学生時代に司書免許も取りました。
そのわりに部屋にある本棚は小さめです。しかも2つあるうちの一つは、飾り棚兼用なのであまり本が入りません。ですから購入する本は必要最小限、1度読むだけでいいという本は図書館で借りることにしています。
それでも私としては満足ですし、胸を張って「本が好き」と言えます。本と猫と甘いものがあれば幸せです。うへへでれ

ところで。
最近、Yahoo知恵袋を覗くのが好きです。
今日もちょこっと覗いていたら、

「本代にいっきに1万円かけるのは、自分への投資だから安くないか否か」

という質問がありました。
個人的にはちょっと高いような、でも勉強のためなら問題なしかな?
回答は数件あったのですが、その中にあった一文が気になりました。

「(前略)本代を惜しんで図書館を利用する方が問題だ」

何が問題ですって?
図書館を利用してはいけないんでしょうか。本を買わなければどんな知識も身につかないのでしょうか。
そりゃぁ、出版社や著者のことを考えれば買ってやるべきでしょうが、経済的理由などから図書館を利用することは「問題」でしょうか。
逆に、学術書をコレクションして勉強した気になっている方が問題ではないでしょうか。


けっこう、「本は買うべき・アンチ図書館」という人は多いようです。
しかし私は、年間の書籍購入費がいくらだから「偉い」とか、「本が好き」とか評価されるワケじゃないと思うのです。本をたくさん持ってなくても、たくさん読んでなくても「本好き」でいいと思うのです。図書館利用は悪だ、みたいに思う必要はないのです。
買っても買わなくても「本が好き」って気持ちに代わりはないのですから、「本を買わなければいけない」と決め付けなくても良いのではないか、と思います。


ただし、立ち読みはダメですけどね。
本屋さんでケータイカメラ撮影もダメね。
「売り物」ですから。ケータイカメラについては違法ですから。
そこは別問題。怒
スポンサーサイト


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示