くるり

くるり

今週の火曜日に「252 ―生存者あり―」を観てきました。前の週にやったテレビ版観てないのに。いがいが

――「252」より、本当は「レッドクリフ」が観たかったんです。「252」は正直どうしようかな、って思ってたんです。思ってたら、ビデオ予約しておくのをウッカリ忘れたんです。おぉぉぉぉぅ



映画関東に直下型地震が発生して数週間後、都心の機能は回復しつつあった。しかし、この地震の影響で海水温度が急上昇、それは巨大台風を発生させ、その脅威が臨海副都心に迫っていた。東京消防庁のハイパーレスキュー隊が必死の救助にあたるなか、音波探索機が高潮による水没で壊滅した新橋の地下から「2、5、2(生存者ありの暗号)」の音をキャッチ。ハイパーレスキューの暗号を知っている人間が地下に閉じ込められているのだ…。

映画館に行く途中に、地震雲っぽいモノを発見してキャーキャー言ってました。(あくまで「ぽいもの」)
面白かったです。ハラハラドキドキでした。以下ネタバレです。




高波で地下鉄駅が水没・地盤陥没で地下に閉じ込められた5人。「絶対に助けに来てくれる」と信じて、ひたすら信号を送り続ける。だが地上では、大雨と強風のため救助は一時休止。被災者の家族から「助けて!」と訴えられても、救助隊はただ待つことしかできない。
助けに行きたい、だが行けない。隊員の苦悩が描かれる。


…………『トッキュー』の兵悟と真田隊長がいるぞ。へー
陸上版『トッキュー』だなぁ、と思ってたら、原作者が小森陽一さんでした。

1つ問題を乗り越えると、また新たな問題が。地上でも問題が。どうなるどうする!?
過去の話も交えながらも、怒涛の展開が進みます。最後の最後に、そこでまた問題が浮上するの!? え、上映時間内に終わるの!? ええっ、このままアンハッピーエンドになるの!!? と最後まで目が離せません。
また、救助に行きたくても行けず、被災者の家族に責められ、ぐっと耐えるしかない救助隊の苦悩の描き方が上手いです。ここは小森さんの書きそうなシナリオだなー、と。

最後の最後で演出がちょっと残念なことになってますが、他はとっても良かったです。

最近異常気象モノが多いです。現実でも異常気象が増えてきました。
案外、映画の中の出来事では済まなくなるのも、そう遠くない未来かもしれません。おそろしや。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
haroharo  

映画とは めづらしいですね?

私は 月に2本ぐらい見ています。
今度 闇の子供たち を見ようかと思っています。

レスキュー物 はらはらどきどきですよね?
限界時の 窮境の選択や 苦悩をうまくえがいているのかな と思います。
最近やった日本沈没みたいな ストーリーが破綻しているとつまらないけど、じっくり描いた映画はきっと面白いだろなぁと思いますよ。

2008/12/13 (Sat) 20:56 | EDIT | REPLY |   
くるり  

>haroharoさん

一時期よく観に行ってたんですけどねー、映画。
「闇の子供たち」は面白そうなのですが、予告を観ただけで痛々しすぎてパスです/……(ノД\)

「日本沈没」はストーリー破綻してたんですか?(とにかく映画観てないな、私。
ご都合主義だったとか?でしょうか。
「偶然」ばっかりで事態が進む映画って、観ていて退屈ですよね。ちゃんと理屈がハッキリしている映画は観ていて楽しいです。たまに理解しきれなくて、頭の中で?マークが飛び交いますが。(´Д`)

2008/12/14 (Sun) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply