くるり

くるり

アクセス解析を見ていると「どんぐり 保存法」の検索結果から「木の実」の記事に来てくださる方がいるようです。「どんぐりの保存法が分からないんですが」で終わってって、調べに来たのにオイ!!?という状態で、ももも申し訳ない。
長期保存は未経験なのですが、1ヶ月間の研究結果をちょこっとだけ書いておきます。
1年間持つかは不明です。オヨヨ


どんぐりぼうやネット及び書籍から得た保存方法
1.5分(10分だったかも?)ほど蒸して、よく乾燥させる
2.1週間冷凍する
3.10分ほど茹でて、よく乾燥させる
4.よく乾燥させて、木工ニスを塗る
5.1週間水に浸ける

1番のみ実践していませんが、2~5番をやってみました。
どうして1番をやっていないかというと、どんぐり専用に蒸し器を購入するのがイヤだったから。(ケチ。

以下、実践結果です。


参考写真
トトロ
左上 → 冷凍(ニス加工済)
左下 → 茹で
右上 → 木工ニス
右下 → 自然乾燥のみ


どんぐりぼうや1週間冷凍する

2日間ほど日中、風通しの良い場所で乾燥させました。(夜は動物被害防止のため倉庫に移動)
ビニール袋に入れて、さらにジップロックで密閉して保存。1週間後取り出して、解凍しました。
乾燥期間が短かったためか、どんぐりに霜が降りてビックリしましたが、まぁわりと平気です。解凍時、こまめに水分を拭いてやらないと、どんぐりの皮にシミができるので要注意です。
ゾウムシによる被害は防げますが、乾燥してくるとヒビが入るケースが目立ちます。

冷凍期間は延長可能のようで、さらに1週間冷凍しましたが、霜が降りた状態から変化はなかったです。
解凍後は皮が柔らかいため、穴あけが可能らしいです。(実験せず)駒を作ったり、ワイヤーを通したりする場合はオススメです。


どんぐりぼうや10分ほど茹でて、よく乾燥させる

どんぐりを10分ほど茹でて、日中、風通しの良い日陰で乾燥させました。(夜は倉庫に移動)
水から茹で始めて、沸騰してから10分。皮が黒くなって、ツヤがなくなります。
こちらも水気をよく拭いてやらないと、皮にシミができます。また、乾燥後のひび割れ被害が非常に多いです。ゾウムシ被害はゼロ。
4~5日乾燥させて、袋に密閉していたらカビて全滅しました。ぶふぉぁ
乾燥期間が短かすぎたぜ……。

黒っぽい皮は、それはそれでまた味があって私は好きです。ニス加工すればツヤも出ますし。
鍋はどんぐりのあくで汚れるため、専用のものを用意しましょう。


どんぐりぼうやよく乾燥させて、木工ニスを塗る

3~4日間、日中、風通しの良い日陰で乾燥させました。(夜は例によって倉庫)
ビニール袋にどんぐりと木工ニスを入れてガサガサ振って、ニスを塗ります。その後、乾燥させてできあがり。木工ニスは油性を使用しましたが、水性でも良いそうです。
仕事場にスプレータイプのニスがあったので、とっても便利でした。

ニスを塗ってもゾウムシは出てきてしまうため、定期的に穴あきどんぐりがないかチェックして、虫の除去を行いました。ひび割れは少なく、ツヤも出て、てかてかしたどんぐりになります。
ネットから得た情報では1年ほど保存が可能だそうです。


どんぐりぼうや1週間水に浸ける
腐るよ。ぶらっく
これは2年前に本でやり方を知って実践しましたが、皮がズルズルになりました。ダメです。腐ります。
水に入れるとどんぐりに虫が入っているかいないか判定できますが、種類によっては虫入りでも浮かばなかったりしますし、濡らすことで皮にシミができやすくなるというリスクが発生するためオススメしません。
ていうか、洗わなきゃいけないくらい汚いどんぐりは拾っちゃダメです。芽が出やすいです。
私は歯ブラシなどでサッと掃除して、加工してました。



どんぐり     どんぐり      どんぐり



長期保存できるか否かは私もわからないので、参考程度でお考えください。
私はニス加工して保存しようかと思っています。 来年も使えるし、ペンキで赤や白く塗ってクリスマスの飾りにもできそうですし。
どんぐりはよく乾燥させた後は、お菓子になどに入っている乾燥剤を一緒に入れて保存すると良いそうです。今度はカビさせないようにしたいです。にこ

スポンサーサイト
Posted by

Comments 3

There are no comments yet.
くるり@管理人  
前言撤回

ゆでどんぐりについて、前言撤回。

ゆでたどんぐりで作ったトトロから、今日になってゾウムシが出てきました。2匹も。
沸騰してから10分も茹でたのに……!!
処理してから1ヵ月近く経っているので、処理後に虫がついたのかもしれません。でも不確定なので、「茹でると虫が死ぬ」は断言できなくなりました。
ゾウムシめ…

2008/11/20 (Thu) 18:21 | EDIT | REPLY |   
くるり@管理人  
補足2

どんぐりの保存方法について補足記事を書きましたので、こちらもご参照ください。

http://kurukuru07.blog109.fc2.com/blog-entry-128.html

2009/09/14 (Mon) 14:03 | EDIT | REPLY |   
くるり  
補足3

久しぶりに自分で書いた記事を読み返しました。
毎年、秋になるとどんぐりの保存方法について調べている方にご参照いただいているようで、ありがたいことです。

……大して参考にならなくてすみません(´・ω・`)

記事を書いて2年経ちますが、長く乾燥させたどんぐりは今でもキレイな状態で残っています。
冬の間、風通しの良いところで乾燥させ、春以降は紙の箱などに入れておくと良いようです。
倉庫など虫や動物が入りやすい場所で保存する場合は、ジップロックなどに入れることをお勧めします。

私の持論としては、とにかく乾燥させて、虫が出たヤツはこまめに取り除く。
これに尽きます。

2011/12/06 (Tue) 20:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply