スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【東京】てぬぐいと郷土玩具の旅【柳森神社】
  
日本橋の歩道

電車に乗っていたら、そばにすごーくお肌がきれいなお姉さん(※年下)がいたのです。
わぁー やっぱり都会の人はべっぴんさんやーん BAさんかなー どこ行くんやろー
って密かにwktkしてたら、同じ秋葉原で下車しました。

……どこに行くんやろぅ!?
(タブン乗り換え)



      
久しぶりに秋葉原に来ました。

短大生の頃に、中古のパソコンを求めてウロウロしに来たのをよく覚えています。当時はまだメイド喫茶が流行り始めた頃で、AKB劇場なんてなかったし、コスプレした客引きのお姉さんはこんなにも多くなかったのです。露天商が多く、よく分からない腕時計や絵画を売っている怪しいお兄さんがいっぱいいました。
駅前はガラリと変わって、おばさんはここで初めて「地下アイドル」なる言葉を知りました。はぁー いつの間にか2次元の聖地が3次元の聖地になったんですね。


さて。
あいぽんのナビで目的地に向かおうとしたものの、なぜか秋葉原ではGPSが迷子になりまくりであまり役に立ちません。謎電波でも飛んでるんですか?

秋葉原の駅近くに柳森神社という狸を祀っている神社がありまして、こちらの授与品「親子狸」がとても可愛らしいのでございます。「他を抜く」で、出世や勝負事、金運上昇のご利益があるとして狸を祀っているそうです。

20151008221825aee.jpg

で。

………社務所、人いなさそうじゃね?

参拝客はちらほら来るようですが、社務所は正月くらいしか開けてなさそうな寂れっぷりです。御朱印も勝手に押してみたいな扱いでした。

……………。

ネット情報では
「社務所が閉まっていたので、隣のトロフィーのお店で(親子狸を)購入しました」
との記事がありました。が、周囲をぐるぐる探してみたけれど、トロフィーのお店なんてないよ。そもそも日曜日だから、殆んどのお店が閉まってるよ。(※問屋街っぽいです)

作業服のボタンを取り扱っている「老舗問屋」みたいなお店があいていたので、そこのご主人に伺ってみました。カクカクシカジカ。
ご主人曰く、今は在庫がないそうで、神主さんが商売気ゼロなので作っていないとのこと。

俺もよく聞かれるんだけどサァ 全くしょうがねぇよナァー

江戸っ子喋りで愛想良く話ししてくれました。

ショボショボ駅に戻ろうとしたら、旅行者に道を尋ねられました。私らもよそ者なんですーって、断ったけど、同じ柳森神社が目的地だったようです。
けっこう参拝客来てるんだから、社務所開けろや

20151008221842daf.jpg

境内はそこそこキレイなんですけどね。でもまぁ、寂れてるわよね。
諦められないツレ氏が、神主宅に置き手紙をしていました。

てくてく歩いて、浅草に向かう地下鉄の駅まで歩きます。
東京の地下鉄ってさー なんかバラバラだからさー けっこう歩くよねー 2キロほど歩いて、地下鉄へ。

大混雑しているイメージしかない浅草へ向かいます
スポンサーサイト


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。