スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【東京】てぬぐいと郷土玩具の旅【雑貨屋編】
  
20151007230659a16.jpg

日本橋浜町から地下鉄の駅に向かう途中で、雑貨屋さんを発見しました。
案内看板から「郷土玩具」っぽい匂いを嗅ぎつけたので、寄り道。

狭くて細長い店内に、紙風船などの昔ながらの玩具や、九谷焼の湯飲みなど。和雑貨がいろいろ並んでいましたが、なんかちょっとハズレか? 普通の和雑貨屋さんぽいか? と思っていたら、ツレ氏郷土玩具発見。

旅行前に無印良品の2014年福缶をオークションで購入しており、中身が福島の駒でした。それによく似た玩具が!
      
ウチにあるヤツとよく似ているけれど、ちょっと違う。どこが違うって金箔貼ってあるとこ。
帰宅して調べたら、どちらも福島の郷土玩具「三春駒」でした。

コレ、いくらですか?

2つで500円です。

やっす!
同じく福缶に入っていた和歌山の「導きの八咫烏」は3千円弱。同じく福缶に入っていた三春駒は500円。

……ひょっとして、ぼったくりなんじゃね?



地下鉄に乗って恵比寿へ。

発行が10年以上前の雑貨屋本に載っていたお店を目的にやってきました。
関東育ちのアテクシ、初恵比寿。

ナビに従ってえっちらおっちら歩きます。駅から早速、なかなか急な坂じゃないですか... 山畑かよ...
※田舎は基本車移動なので、田舎のサラリーマンより都会の人の方が体力があったりします。

思っていたよりもバッテリーの減りが早いあいぽんのナビでうろうろすると、お洒落なインテリアショップがちらほら目につきます。大阪の堀江のようだ。

目的地付近に到着しました。お疲れ様でした。

毎度おなじみ  どこ……

キョロキョロしていたら、小さな3階建てのビルの入り口に看板が置かれているのをツレが発見。小さすぎるやろ…… レンガ2枚分くらいの大きさでした。

お店はビルの2階でした。

Ekoca

当日は蕎麦猪口展の最終日でした。すっきりした店内に、蕎麦猪口がたくさんディスプレイされています。ほぉー
全国各地の作家さんが参加されているそうです。東京はなんでも揃うなぁ。

蕎麦猪口は砥部焼のお気に入りを持っているので、アウトオブ眼中でしたが、ブローチが目にとまりました。瀬戸の作家さんの作品だそうです。



焼き物のブローチにしては軽く、重みで洋服をべろーんと引っ張らないし、ブローチ本体も下を向かないのが良いところです。
後日調べたら、お茶碗バージョンもありました。お茶碗かわえええええ

次はカルピス本社近くにある雑貨屋さんへ。

Farmer`s Table

エレベーターのない古いビルの3階にあり、えっちらおっちら階段を登ります。こういうボロボロビルもオシャレに見えてしまうのは都会の魔力なんでしょうか。
お店手前の踊り場に「休憩スペース」を作ったり、入り口に手書きの張り紙がしてあったり、「かわいい雑貨屋」の雰囲気が漂いますが、お店に入ると印象がガラリと変わります。
1フロアをギャラリーのように開放的に使ったディスプレイで、スタイリッシュな空気が漂う店内。

東京の雑貨屋さんはスタイリッシュ

やっぱり大阪の雑貨屋さんとなんか違うのです。ごちゃっとしてないのです。スタイリッシュすぎて過呼吸になりそうです

洋服も少し置いてあり、常連さんぽいマダムが店員さんと会話しながら服を選んでいました。値段が恐ろしくてアパレル系は見もしませんでした こういう店は高い! 高いのよ!!

店内はアンティークと作家物の雑貨が主です。
がっしりした力強い厚みが魅力的な樫のカッティングボード。
に、ついてる値札が「和歌山→東京(特急込み)」の片道切符くらいでした。


こういう店は高いのよ!!!

※大切なのことなので3回言いました。

他にも、太めのアルミ線(?)をぐるぐる渦巻きにした鍋敷きが、ツレと私が居酒屋でご飯食べるくらい、の値段とか。え、高くない? これ自分で作れるんじゃない?

インドネシア産の木製皿がすごく形がシャープでステキでしたが、まぁまぁのお値段でしたので、しっかり目に焼き付けて買わずに帰ってきました。地元の次郎長に作ってもらおう

疲れたので、1日目はここまで


以下、余談。

ホテルに向かったら、東京の下町(浅草よりもっともっと下町)だったので「ここ、大阪ちゃうん?」て雰囲気でした。パチンコ屋と居酒屋しかない。

20151007230712ad5.jpg

小腹が空いたので、ホテル近くにあった地元の人しか来なさそうなお好み焼き屋に入って、15年ぶりくらいにもんじゃを焼きました。未だにどういうタイミングで食べればいいのか正解が分かりません。私は薄く伸ばして、とろみがちょっと固まりかけたヤツが好き
あと、隣のテーブルにいた中学生くらいの女の子が「あん巻」を注文していました。
「あん巻き」ってなに! クレープ? それとも愛媛の「タルト」みたいな?
き、気になる……!

気になるけど、おばさんは夜10時すぎにあんこ食べる気にはなれなんだ。
絶対、吹き出物できるものー この歳になるとなかなか治らないしー


翌日は「郷土玩具の旅」です。が、惨敗します
スポンサーサイト


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。