スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
由良の海と山でぷらぷらする【鍾乳洞編】
  
【前回のあらすじ】
ちびハウス撮影会で満足→
どうでもいい→

戸津井鍾乳洞

地元には鍾乳洞があり、たまに仕事でこの鍾乳洞への行き方などを説明します。
私、行ったことないんだけどね(知ったかぶり説明)

前職・現職併せて8年もそんなことしてましたので、いい加減行ってみよう。そうしよう

走りやすい海沿いの道を離れて、山手側の旧道を登って、鍾乳洞の看板に従って進みます。途中から農道みたいな道になりました。
ウチのラパンは軽トラが走るような道もブイブイ走らなきゃいけないから大変だなぁ

IMG_0438.jpg

山の上にあるので、なかなか良い景色
      
ここは戸津井鍾乳洞。
昔、石灰石(セメントの材料)の採掘場で、その跡地を鍾乳洞として開放しているそうです。
階段を降りてゆくと、なんだかひんやりしています。

IMG_0441.jpg

照明が緑色なので、雰囲気がホラー。しかも貸し切り状態。

IMG_0440.jpg

コウモリいてないんかな?

ヤメテー いても不思議じゃないから、ヤメテー

IMG_0447.jpg

あいぽんの照明アプリで照らすと、けっこう「鍾乳洞らしい」部分を見ることができます。懐中電灯持ってくればよかった。

IMG_0445.jpg

蜂蜜のお菓子みたい。

それにしても狭い
「カニの横穴」と名付けられた通路がありましたが、ホントに横穴でした。
天井から水も滴ってくるので、「いい格好」できたらダメなとこです。ギャフン

ちなみにコチラ、入場料は高校生以上200円、中学生以下は160円です。今回は400円の出費。


お腹すいた~

ぬ。じゃぁ、ちょっと休憩しに行くかね

【カフェと春の魚編】に続きます。
スポンサーサイト


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。