スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
新宮で今年もフライング初詣してた
  
--ときは昨年末。

IMG_0223.jpg

行ったことないから、熊野大社に行こうよー

一昨年の伊勢神宮に続いて、今回も年の暮れに参拝にいってきました。

去年の記事はこちら

初詣で「神様に新年のご挨拶」があるのですから、「神様に年末のご挨拶」もアリだとは思いますが、全然地元じゃない神様にお参りしに行くのってどうなんだろうか

も帰省していたので、久しぶりに実家の家族4人でおでかけです
      
田辺から中辺路を経由して新宮方面へ。
台風による水害は2年前のことですが、未だに山や道路がところどころ抉れていました。あわわわ

そうこうしているうちに、熊野大社へ到着。
年末にも関わらず、意外と参拝客が多い(ような気がする)。

IMG_0227.jpg

熊野大社は社が4つ並んでおり、それぞれ別の神様が奉られているそうです。
ひとーつ、ふたーつ

IMG_0225.jpg

みっつー

IMG_0226.jpg

よっつー。
順番にお参りして、ツレのお守りを購入しました。熊野大社は3本足のヤタガラスが御神体なので、お守りもヤタガラス。カワイイ
写真撮ってたら、さらにその横にある小さい社に弟がお参りしてました。縁結びの神様らしいです。

ついでにおみくじを引きました。
おみくじの他に、小さい縁起物が入っているそうです。

と弟が升。

が当たり矢

が銭

………銭

そういえば数年前に似たようなおみくじを引いたときも「銭亀」が出てきました。お金じゃなくて家内安全とか、健康とかの方がいいんだけれども。いや、お金も大事だけれども。でもでも銭....

IMG_0229.jpg

さて。
現在の熊野大社は山の上にありますが、以前は田んぼの中の平地にあったそうです。すぐそばを大きな川が流れているため、水害被害を度々受け、移設されたそうです。
参道は杉並木のなかなか風情のある道です。

鳥居がビックリするくらいデカいよ


昼食をとった後で、次は速玉大社。

その前にちょっと寄りたいとこがあるんだよ

ということで、住宅街の中へ。奥に行くと鳥居が見えてきました。神倉神社というそうです。
鳥居をくぐると、石の階段が。

IMG_0232.jpg

ええー 昇れないから待ってるー

うーん 私も待ってようかなぁ。でも寒いしなぁ

石段なんて少しだよ

ホントかよぅと思いつつ3人で石段を昇ります。

IMG_0233.jpg

最初は良かったんですが、だんだん石段の幅が狭くなり、しかも高さがバラバラで石の表面もボッコボコです。石壁みたいじゃっっ

もう無理~

もう少しだよ

ホントかよぅと思いつつ昇りますが、また長い階段が続きます。

騙されたっ 完全に騙された、コレ……!

へろへろになりながら昇っていくと、またしても鳥居が現れました。ついに山頂に……

IMG_0235.jpg

着いたと思ったら、御神体はまた階段の上でした。
大きい岩が御神体のようで、横から見ると巨大なカエルのように見えるそうです。ぜーぜー

少し休憩して、次は帰り道。
行きは苦しいけれど、ひたすら昇ればいいわけで、実はラクなのです。問題は下りなのですが、前述の通り、ガクガクボッコボコで、しかも幅が狭い石段を下りなければいけません。

そして、このバリアフリーの時代に真っ向からケンカ売ってるのか、手摺りがありません。
転げ落ちたら、確実に神様じゃなくて仏様にご挨拶しに行くことになります。ブルブル

まだー?

今必死に降りてるんじゃゴルァァァ
プルプルする足でちまちま降りてくると、階段の登り口に解説の看板が立っていました。それによると階段は500余段あったようです。

金比羅宮の方が絶対にラクだったよ……!!
(金比羅宮は700段ですが、段の整ったきれいな階段)

IMG_0238.jpg

汗だくになりつつ、今度こそ速玉大社へ。
こちらは山の上でもなく、すんなり参拝できました。朱色と白の建物が鮮やかです。
ここで交通安全のお守りを購入。これで初詣でお守り買わなくて大丈夫。ウムウム

最後に、紅梅堂の鈴焼を買って帰ってきました。あそこの鈴焼、美味しいよね
お客さんギューギューだったけどね。お店、大きくしたらいいのに。


新年早々、足が筋肉痛だったのは言うまでもありません
スポンサーサイト


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。