くるり

くるり

IMG_0173.jpg

赤茶色の貨物コンテナが店舗になっているカフェに行ってきました。

多肉植物や、シュロみたいな植物が置かれていて、ジャンクな雰囲気です。店員さんのものと思われるミニクーパーがよく似合います。ステキ

IMG_0176.jpg

板張りの床の店内には、バーカウンターとローソファーの席がいくつか。わりとぎゅうぎゅう
カウンターの周りをぐるっと回って、奥の席へ移動。えっちらおっちら
あ、なんかこの席、隅っこですごく落ち着く

IMG_0175.jpg

お腹が空いていたので、ワッフルの上にジェラートが乗っているらしい「カッフル」を注文。ホントはジェラートにエスプレッソをかけた「アフォガード」が気になったけど……これはマックで頼もう。

ワッフルの上に乗せるジェラートはお店の入り口横にあるショーケースの中から選ぶそうです。おおぅ……メニューとかないのか
えっちらおっちら入り口まで戻って、ショーケースを覗きます。8種類くらいあるのかな? ベリーとか抹茶とか、クッキークリームとか。
イタリアのトレビの泉で食べた思い出の味、ピスタチオを注文しました。美味しいのよ、ピスタチオ~

思い出の味

さて、ピスタチオで思い出すのは、昔読んだ本、『DINR』。


ダイナー (ポプラ文庫)ダイナー (ポプラ文庫)
(2012/10/05)
平山 夢明

商品詳細を見る


殺し屋ばかりが集まる食堂で働くことになった主人公が、ピスタチオの殻を剥くシーンがあるんですね(タブン。もう記憶がおぼろなんですが)
ピスタチオの殻を床に蒔いて踏みつぶすと、板張りの床にツヤが出るとかなんとか。
ストーリーは個性的な殺し屋が次々登場し、食堂のオーナーももちろん殺し屋。殺し屋と駆け引きする主人公にハラハラドキドキさせられつつ、登場する美味しそうな食事にお腹が空いてきます。とびきり豪華なハンバーガーが食べたい!

閑話休題。
オシャレな店内をキョロキョロ見回しながら待ちます。しばらくすると、私の注文したカプチーノが出てきました。

コンテナのカプチーノ

ラテアートだぁぁぁぁ カワイイ!

ラテアートに出会う機会が少ないので、テンションが上がります。うひょー 崩すのモッタイナイから、そぉーっと砂糖を入れて、こちょこちょ混ぜて、崩さないように気をつけながら飲みます。
ウン、混ざってない!

ツレはエスプレッソを注文していました。
ところで、このお店のエスプレッソは「ダブル」なのです。エスプレッソのダブルとは2倍の濃さなのです。
1口もらいました。

………………!!!

蒸らしすぎて濃厚になったほうじ茶を、さらに煮詰めて濃縮したような、もう なんだこれ!!

ツレはその後、胃の調子が一時的に悪くなっていました。お酒の飲み過ぎ以外で気分悪くなるの、珍しいね。

さらに待つと、カッフルが出てきました。

カッフル

美味しそうでしょ~? 美味しかったよぉーぅ

温かいワッフルに、ピスタチオのジェラートと生クリームのトッピングです。ワッフルがキャラメル風味? それともキャラメルシロップがかかってたのかな? 甘いですが、すごく美味しい
ワッフルはふわふわではなく、やや硬めです。ジェラートはあのピスタチオ味~
しかし、ジェラートが思ったより少ないですね。次はジェラートだけで頼もう。
夜はお酒も提供するそうで、おつまみなどもありました。夜カフェも楽しそうですね。


落ち着く席だったので、コーヒーを楽しみながら本を読むのも良さそうです。
カフェに来る前に、数年振りに県立図書館に行って、カワイイ本をたくさん借りてきました。ユーズドミックスなインテリアのこのカフェには、この本があう?かも。


ユーズド・ミックスのススメ―インテリアに役立つ古小物 (-)ユーズド・ミックスのススメ―インテリアに役立つ古小物 (-)
(2012/07)
黒川 洋行

商品詳細を見る


アンティークではなく、古道具を取り入れたインテリアの入門書みたいなカンジ。購入後の簡単なお手入れ方法や、古道具の入手の仕方などが書かれています。たくさん収録された古道具の写真がカワイイです。昔のアイロン欲しいよ、アイロン

県立図書館は非常にコアな内容の本があるので、たまに覗きに行くと面白いです。個人的に「芸術」の棚と「食品加工」の棚あたりがオススメ。
『そば猪口図鑑』とか、一冊まるごとカフェオレボウルの本とか。あと変わったのでは「時間図鑑」。時間って図鑑ができるほど種類があるモノなの? そうだったの? 目からウロコ。

面白い本を借りて、カフェでほっこり。たまにはいいよね
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply