くるり

くるり

IMG_2064.jpg

【前回のあらすじ】イタリアは詐欺師がいっぱい

少し自由時間があったので、ツレはホテル周辺の探索に出かけました。ワタクシは体力ケージが減って「ピコンピコン」警告音が鳴りだしたので、ホテルで休憩です。
体力ゼロになると、最終的に嘔吐と発熱に至るので無理はできません。スーパーお荷物、面倒くさいうえに超デリケート

ツレはお土産のTシャツをいっぱい買って帰ってきました。
お土産屋さんによって値段がまったく違うので、何軒かハシゴして値段をリサーチしたほうが良いようです。ちなみにツレが買ったTシャツは5ユーロ。(相場は10ユーロ前後)

しばらくして、全員でレストランまでバス移動。
レストランは入り口が狭いのですが、奥はとても広くなっていました。フランスもイタリアもこういうお店多いね。(通りに面した部分は別の店が入っている)

お店に入ると、客席の奥にグランドピアノと、何やらタンバリン持った店員さんがスタンバイ。全員座ったところで、ピアノの演奏が始まりました。

……ヘタ

曲を知らなくても、「あ、今間違えたな」って分かるレベル。
前奏が終わると、タンバリン持ったオジサンが歌い始めました。曲は「フニクリフニクラ」とか「オソレミーオ」とか。
歌はかなり上手いです。ボイストレーニングをしっかり行っている声で、マイクなしでも広い店内に響き渡るすばらしさです。

が。

お忘れでしょうが、このツアーはほぼ「ハネムーンツアー」。よって、参加者はくるりの両親以外みんなピチピチの若者です。「上を向いて歩こう」とかを歌ってくれましたが、若者が分かるのはその曲くらいで、他はいっこも分からない。

くるり家のみノリノリ

……………オジサン、残念ながら今回はハズレじゃ……

オジサンがいい気分で歌っているうちに、本場の「カルボナーラ」が出てきました。

foodpic3786210.jpg

日本のカルボナーラは生クリームが入っていますが、本場のは入っていないそうです。卵と塩コショウの味付けで、麺も太いマカロニ。

……うん。まぁ。
やっぱり本場の味と日本人向けの味付けってチガウヨネ。うん。ね

メインは豚肉の上に生ハムが乗った「サルティンボッカ」。

foodpic3944408.jpg

西京漬けみたいな味がするー

ええー…あー…うんー?

私としては塩麹っぽいと思いましたが、それはヒミツだ
美味しかったです。

ここでもまた、大皿サラダが1人ずつ出てきました。イタリア人はホントに野菜食べるなぁ。

最後に一口ティラミス。うん。コレは日本でも食べられる普通のティラミス

お腹いっぱいになって、再びバスに乗ってホテルに戻ります。
すると。

運転手さんが、「今日はバカンスだから水を安く売るよ!」と言っています

観光中、運転手さんが水を販売していたのですが、突然セールが始まりました。
きっと持って帰るのが面倒くさくなったに違いない

イタリア人、陽気っていうか、適当っていうか、面白いなー

そんなこんなで、ローマ1日目終了。
2日目の自由行動に続きます。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply