スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【4日目】ルーブル美術館に裏口などない【パリ】
  
IMG_1958.jpg

この日は1日、パリ市内を自由行動。ガイドブックでパリを調べつくした父の知識が火を噴くぜ!
………実際、火噴いたんですかね

      
IMG_1946.jpg

パリ市内は広いので、地下鉄で移動します。「M」マークは地下鉄の入り口。
父とツレが自動券売機と格闘している間に、駅構内にあった文具ショップでポストカードを購入しました。1枚1.5ユーロ

まずはルーブル美術館へ。

IMG_1953.jpg

建物の1階部分がトンネルになっています。面白い~

ガイドブックによると、「獅子の門」というところに裏口があって、並ばずに入場できるとのこと。行ってみると、20人くらいの観光客が開場を待っていました。

IMG_1956.jpg

しばらくすると、片側の扉が開きました。
が、「ここは入り口じゃない」と言われた模様。なんかオフィスみたい。
もうしばらくすると、ルーブル側の入り口がオープン。

が。

入り口に通行止めのマーク

入れないじゃん!?

ブーブー言いながら、結局ガラスのピラミッド側にある正面入り口の行列に並びました。裏ワザに頼るより、素直に朝早く来て並べってことですね。そうですね

30分くらいで入場できました。

IMG_1950.jpg

超超有名な美術品は案内表示が出ていますが、わりとざっくりした案内なので、ガイドブックなどがないと迷います
今回は時間があまりないので、超超有名なモノだけ見に行きます。他の絵画はそのうち日本の美術館に来るよっっ
まずは「ニケ」。

IMG_1960.jpg

ガラスケースに入っているわけでもなく、階段の踊り場にニケ像がどーんと鎮座して、その周りに観光客がわらわらいます。「見ろ! 人がゴミのようだ!」状態です。

IMG_1316.jpg

そのゴミの一部となって写真撮影しました。他の人も写真撮りまくり
けっこう大ざっぱな管理だね、ルーブル

次にモナリザ。

IMG_1965.jpg

こちらはガラスケースに入っており、絵画の前にまた人がわらわら。
思ってたより緑色じゃない……
(小学校にあったモナリザのコピーはやたら緑色でした)

IMG_1969.jpg

ベルサイユで見た「ナポレオンの戴冠式」の第一作も見ました。
(ベルサイユ宮殿に同じ絵の第二作があります)

IMG_1330.jpg

「ミロのビーナス」
コレ、彫刻なんだからすごいよねー。彫刻なのになんなの、この美しさ

そして、途中で見かけた彫刻。

IMG_1972.jpg

…………『テルマエ・ロマエ』のルシウスに似ている。気がする。

シーザー・カエサルじゃないの?

いや、知らんけど


【4日目】スーパーお荷物、本領発揮編 に続きます。
スポンサーサイト


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。