スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【2日目】魔王の城の前で花火を待つ【モン・サン・ミッシェル】
  
IMG_1830.jpg

【前回のあらすじ】有名な修道院のご近所に来た

添乗員さんの話では

ホテルの前にスーパーがあるので、お買いものできますよ。お土産物も売ってます

とのこと。
さっそく荷物を置いて、スーパーへ。

IMG_1829.jpg
      
んー スーパーって名前ですが、お土産物屋に田舎の雑貨屋がくっついたようなカンジです。しかもお土産はともかく、その他のものは割高だぞ。むむぅ
スーパーは都会の方が楽しいです。規模もデカいし。

外は明るいですが、夕食です。
まずはコーンスープ。メインは白身魚のソテー。

IMG_1839.jpg

クリームソースであっさりしていますが、まだ人混み酔いが治っておらず、あんまり食べられない

デザートはアイスクリーム。
美味しかった……と、思う。多分。(味覚えてない)

IMG_1837.jpg

あと、この地域はりんごが特産で、父とツレがりんごで作ったお酒「シードル」を飲んでました。
りんごのお酒といえば、ブランデー「カルバドス」が有名ですが、シードルはリンゴジュースみたいで飲みやすいようです。アルコール度数も5%、ビールくらいですし


さて。
この翌日が、フランスの革命記念日だったそうです。フランス国内では一大イベントらしく、その前日も各地で花火が上がるとのこと
ホテルにも、モン・サン・ミッシェルの背後で花火が上がっているポスターが貼られていました。

今日の花火は23時くらいだそうです~

に…にじゅうさんじ……
人混み酔いと肩こりでグロッキーなので、早く寝たかったのですが、ツレは行きたい様子。

い……行きましょうか、花火見に…

超絶眠かったですが、花火鑑賞のため、修道院前まで移動。
ちなみに、ホテルからは無料バスで移動します。

IMG_1825.jpg

このバス、電車みたいに運転席が前後についているのです。よってUターンする必要がない! かしこい!
昼間は徒歩か馬車での移動もできます。一番早いのはバスです。

バスで10分弱、さらに徒歩で5分くらい。モン・サン・ミッシェルに到着。

IMG_1847.jpg

IMG_1851.jpg

……………ゲームのボスの城みたいだ

堅牢な壁に囲まれ、しかも一番高い塔の上には像が乗っかっています。
ゲームだったら、あのてっぺんからボスの側近みたいな中ボスが降りてきて「ここから先は行かせん!
」ってバトルに突入するんでしょう...ぐー

あまりに眠くて、歩きながら半分寝てました

IMG_1855.jpg

お店は閉まってますが、お土産屋さんが並ぶ参道を歩くことができます。高校生の頃ハマったライトノベルに出てくる待ちはこんなカンジに違いない...すぴー

IMG_1854.jpg

ステキ階段。

この後、魔王城の前で花火を待ちましたが、一向に上がる気配なし。
海の果ての方で小さな花火の光がチカチカ光ってました。どこか別の場所で花火があがっているのでしょう。

とにかく究極眠いので、30分待ってギブアップ。ホテルへ帰って眠りました。


翌日聞いたら、

修道院から花火が上がるんじゃなくて、修道院から遠くの花火が見えますよーってことだったみたいです

「ウソ・おおげさ・まぎらわしい」ってどこに報告すればいいんでしたっけ

【3日目】魔王城、昼間の見学編 につづきます
スポンサーサイト


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。