スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【2日目】エスカルゴと大移動【ベルサイユ→モン・サン・ミッシェル】
  
【前回のあらすじ】ベルサイユ宮殿で人混み酔いしてふらふら

宮殿横のレストラン(という名のカフェテリア)に移動しました

さて。
ツアー内容で唯一心配していたのが、

2日目昼食:エスカルゴ

「食用として養殖されたものです」
「日本のカタツムリとは別の種類です」
って言うけどさ。

IMG_1794.jpg

どう見たってカタツムリじゃん

しかも、緑鮮やかなバジルソース
嫌がらせかコノヤロウ
      

専用のトングで貝を固定して、サザエのつぼ焼きのごとく中身をほじくります。そして恐る恐る口の中へ。

………ジャリってした

中身は黒くて、弾力がありました。サザエ食べられる方なら平気だと思います。
かく云うワタクシ、貝類はホタテ以外全然ダメなわけで。1個でギブアップ

もダメだったので、ツレと父が2人前ずつたいらげました。ひやー

IMG_1796.jpg

メインはビーフシチュー
やたら人参が多いです。しかも、色が鮮やかなのは生煮えです。
牛肉とコトコト煮込んだっぽい人参は美味しいのですが、生煮えはいただけない。ていうか、野菜は人参だけなの? 玉ねぎは? ねぇ、玉ねぎは???

IMG_1797.jpg

デザートがチョコレートタルト。
これもデカい。どら焼きくらいの大きさです。しかもすごく甘い。

わりと不評

ええー。私は美味しかったと思うけどな~。ミルクチョコ~



午後からはバスに乗って、モン・サン・ミッシェルに大移動します。距離的には和歌山→名古屋くらい。

IMG_1811.jpg

都市部を離れると、次第に風景が畑になります。しかも山がないので、一面の畑。北海道みたい。
しかし、畑と、たまに牛がいるのと、あと農家の家がカワイイの、くらいしか見るものがないので、わりと暇です
ところで、フランスの若者はグラフィックアート好きなんでしょうか。どんな田舎でもあるよね。周りに畑しかないのに、なぜがグラフィックアートがあるのよね。
わざわざ書きに来るのかね。ご足労なこって…

途中、休憩を一度とりました。
トイレ渋滞に巻き込まれていると、あら、個室1つ空いてない? なんで誰も入らないの?

便座割れてたー

………フランスのトイレあるある、その2 繰り返すが、キヲツケロ


さらに移動
相変わらず肩こりが酷いので昼寝もできない。

あ、ヤドリギ。

IMG_1822.jpg

さらにしばらくバスで走ってゆくと、遠くにお城みたいなのが見えてきました。

IMG_1816.jpg

かの有名なモン・サン・ミッシェルです。名前だけ聞くとあんまりピンときません。
潮が満ちると「海の孤島」となり、潮が引くと「道が現れる」修道院、って書くとなんとなく聞いたことがあるかもしれません。

この日は、この修道院の対岸にあるホテルに宿泊となります。


【2日目】魔王城と花火編 に続きます
スポンサーサイト


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。