くるり

くるり

初日、首里城から乗ったタクシーの運転手さんから「オススメ」って言われた斎場御嶽(せーふぁーうたき)。ツレは非常に楽しみにしていました。
ホテルをチェックアウトし、さっそくゴー

斎場御嶽

斎場御嶽は、琉球王国の時代に女性が祈祷に訪れる場所だったそうです。丘の上の林の中にあり、祈りの場所が数か所あるのです。
湿気むんむんで、熱帯雨林みたいなところでした。

さて。
先ほども書いたとおり、ここは「女性が祈祷する場」だったそうで、結婚パーティーの給仕さん曰く

「男性は行かない方がいいですよー」

とのことです。
強行して行っちゃったので、後でツレに災難が訪れます


南の方に行くと、ひめゆりの塔など歴史的なスポットがありますが、初日に那覇観光ができなかったので、一路国際通りへ

国際通りはお土産屋さんがたくさんあります。
シーサー、琉球グラス、沖縄のお菓子はもちろん。ハブ酒などもいっぱい並んでました。ギャース
大通りを離れて、商店街の途中くらいに「公設市場」があります。

公設市場の豚

豚の頭が飾ってあることで有名なとこです。

1階のほぼ半分が清肉、もう半分が鮮魚店になってます。見たこともないようなカラフルな魚や、子供の頭くらいありそうな夜光貝が並んでました。うへー

公設市場の魚

2階の食事コーナーですぐ刺身にできますよー、ってけっこう呼び止められます。正直、うza…ゲフンゲフン!
仕事熱心な店員さんがとても多いですね。

そういえば、この青い魚(イラブチ)を初日に食べましたが、なんか味しなくね?


次回、最終回「壷屋通りと伝説の始まり」編です。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply