くるり

くるり

【前回のあらすじ】漁師もビックリの魚料理で満腹状態


次は私が楽しみにしていた、読谷村「やちむんの里」へ。

駐車場に見たことあるようなレンタカーが停まってました。まさかコレは……

父母弟発見。行くとこ同じなのね。さすが家族よね。結局ぐるぐる一緒に回りました。

読谷村

共同で使っているという登り窯が中央にどーんとあり、それを囲むようにお店が点在します。
彫り物と釉薬を合わせて使った器が多く、カラフルです。ただし、釉薬にムラがあったり、品質は那覇の「壺屋通り」の方が上です。出荷できないのを売ってるのかな?
坪屋通りは翌日行ったため、この日は夫婦湯呑と、水差しみたいな酒器を購入しました。(写真は「沖縄4日目」に掲載します)

さて。
前日の結婚パーティの際、給仕のお姉さんに「地元の人が行くオススメスポット」を聞いていたので、夕方はそちらへ移動。

「チャタンにある○○ですね~。近くに『メイクマン』があって、お店がいっぱいあるんですよ~」

メイクマン?

全員で首を傾げていたら、「メイクマン知らないんですか!?」って驚愕されました。沖縄のホームセンターのようです。

デポアイランド

お姉さんが「北谷(チャタン)」と呼ぶそこはデポアイランドのことでした。
ショッピングモールがいくつも建っており、ららぽーとみたいになってます。ただ、お店はアメリカンな感じが多くて、なんだかテーマパークみたい。お土産を物色して、ついでにTシャツを購入しました。沖縄の面白Tシャツっぽいのを購入しました。

ホテルに帰る前に、また地元のスーパーに寄りました。今回はチェーン店ではなく、個人店ぽいとこ。
お肉コーナーに行ったら、バットにレバーがもりもり積まれた状態で売られていました。(冷凍の魚の切り身バイキングみたいな状態)
わぁー 衛生的に大丈夫なのか、コレー
1日遊びまわって、クッタクタになって帰ってきました。

次回、沖縄旅行最終日「せーふぁーうたき」編です。

スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply