スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
お鍋ひとつで手作りチャーシュー
  
去年の秋に、チャーシューを作ったのですが、
再び義父が例の肉をくれました。
ちなみに、今回は味のついてない生肉

チャーシューサラダ

だいたい味が完成したので、今回はレシピを公開します。適当レシピだけどな!

手間はかかりませんが、ヒマとヒマがかかります。チャーシューサラダにしたり、チャーハンに入れると美味しいです
以下レシピです。

      


材料(作りやすい量)

・ブロック肉(ロースまたはモモ※) 300グラムくらいを2つ
・にんにく             2欠(すりおろす)
・しょうが             1欠(すりおろす)
・醤油               いっぱい
・砂糖               いっぱい
・料理酒              いっぱい
・みりん              いっぱい
(調味料は合わせて1リットルくらい使います)

※ロースとモモ
ロースは脂が多いため、トロっとした「チャーシュー」風になります。温めて食べるのがオススメ。
モモは脂が少ないため、スーパーで売ってる「焼き豚」風になります。冷やして食べるのがオススメ。

用意するもの
・鍋(テフロン加工がベスト)
・深めのタッパー、もしくはジップロック
・落し蓋(なければアルミホイル)
その他、基本的に家にあるものを使います。


所要時間
仕込み含めて3~4日


作り方

たれを作る
肉以外の材料お鍋に入れて、火にかけます。
分量はお好みなので、タレの量が700~800ccくらいになるよう、味をみながら適当にぶっこんでください。その味がその家の味です
(ジップロックを使う場合は、このときのタレは少なめでOK。炊くときに追加分を作ります)
なお、お水は加えません。
焦げないように砂糖を溶かし、沸騰する直前で火を止め、冷まします。


漬け込む

漬け込み

肉をタレに漬け込み、冷蔵庫で寝かします。
半日に1回くらいお肉を反転させ、2~3日ほど置きましょう。

そして2日置いたのが、こちらです。

漬け込み2日後

今回は実家と半分こするので切りましたが、肉は漬け込む前に切ろうぜ
コレやると、痛みやすくなります。タブン....


焼く

焼き

特に根拠はありませんが、肉の表面を焼きます。
(以前、調べたら「オーブンで焼く」って書いてあったから)

焼き上がり

全体的に「てり」が出てきたらOKです。


煮る

煮込み

お鍋にタレを加え、落し蓋をして、さらに鍋にも蓋をします。
タレの量は、お肉が8割くらいタレに浸かる程度です。タレが足りない場合は、別のお鍋で追加のタレ(調味料のみでOK)を作って注ぎ足します。
弱火でことことひたすら炊きます。たまにお肉の上下をひっくり返し、煮汁が半分くらいになるまで(2時間くらい)煮ます。


放置
鍋を火から下ろし、新聞紙(3、4枚)で鍋を包みます。このとき、念のため鍋の下に鍋敷きを置きましょう。
さらにバスタオルで包んで、このまま3時間以上放置します。こうすることで味がよく染みます。タブン。
今回は面倒くさいので、夕飯作りながら炊いて、一晩放置しました。


完成

完成

おめでとうございます。完成です。


ロースは温かいうちに食べると、脂がとろけて非常においしいです。モモはサンドイッチにはさんだり、チャーハンに入れると美味。どちらもオススメですが、コストはスーパーで安い焼き豚買うのとあんまり変わらないかも。
スポンサーサイト


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。