スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
引っ越しのジレンマ
  
来週、生涯3度目になるお引っ越しをします。

大層に書いてみましたが1回目は幼稚園に上がる前の頃でしたし、2回目のときは大人になってましたが、親がちゃっちゃと段取りして、引っ越し業者も入ったのでわりとぼんやりしてるうちに終了しました。
今回は私主体なので、わりとわたわたしてます。業者もお願いしてないですし。

だ、段取り組むのって苦手....

ぐちぐち言いながらも荷物を詰めます。
いらないものは処分して、持って行く物と残す物を分けてダンボールに詰め詰め。整理していくと、古い物もたくさん出てきました。手紙とか。プレゼントされたものとか。学生時代のテキストとか。前の職場の寄せ書きとか。(読み返すと涙出そうになる
スケッチブックとか。

…………………………
      

学生時代。
私の親しいお友達は、本が好きな子がたくさんおりました。
純粋に本が好きな子もおりましたが、どちらかというとマンガとかライトノベルとかが好きな子が多かったのでございます。要するに「オタクばっかり」

かく言うワタクシもその一人でした。自分でもイラスト書いたり、それを友達と交換したり、スケッチブックにみんなで絵を描いたりしていたのでありました。ザ・黒歴史。
――いや、楽しかったんですけどね。

そんな当時の記録がごそっと出てきました。ついでに薄い本とかも。
(涙を呑んで)大半は処分しましたが、どうしても捨てられないのとかが書類箱1個分くらい残りました。

…………………どうしよう

新居に持って行くのか? いや、実家に置いておくべきだろう。
しかし実家にあると、家族が「これ何なのかしらね~」とかいって見ちゃう可能性があります。(私がオタクなのはバレてますが)
ついでに、コレ書きながら気づきましたが、私には過去5年ほどちまちま書いていた(今はサボり中)日記帳があるのでした。どっかのダンボールにごそっと入っているはずです。私の盛大な愚痴とか愚痴とか過去の恋愛のおのろけ話しとかが書いてある代物です。イラストよりこっちの方がキケンだ!


……………こういうのって、みんなどうしてるんでしょうね。今まで実家住まいだったからそんなこと考えもしなかったぜ。



ついでに。
読まなくなった漫画本を近所の施設に寄贈したら、仲良しの職員さんに「コイツもしかしてオタクなんじゃない?」みたいな疑惑をもたれました。そうよね。いい歳の大人がジャンプコミックス持ってたら、一般的にはオタクよね。ワンピースとかの超有名どころのマンガじゃなかったし。
いやー、そこまで考えてなかったぜ

オタク卒業したつもりだったんですけどねー。ダメですねー。げふー
スポンサーサイト


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。