くるり

くるり

神戸ふらふらの結果、器が増えました。うへへ
もう陶器は買わないつもりだったのになぁ。見ちゃうと欲しくなるんだなぁ。

今回の戦利品はほぼ、トアロードの手作り市で購入しました。
美濃焼きで修行した作家さんだそうで、陶器なのに見た目より軽いのでビックリ。

中鉢

プラスチック製品かと思うくらい軽い小鉢。縁が薄いから、どんぶりとして使ってもよさそう。

平鉢

こちらは中鉢。白の器ばかり買ってしまうので、緑色はちょっと珍しいです。外側の模様と、色に惚れました。
釉薬は「織部」とのこと。私、前の仕事で陶芸のうんちくを聞かされたり、作品(といえるほどでもない)作ったりしてましたが、織部ってあんまり好きじゃなかったんです。作家さんによって印象変わるモンですねぇ。素敵

小鉢

同じく織部釉ですが、表面がざらっとした質感の器。大きさは手のひらサイズで、御茶碗には小さいです。
中は黒の釉薬で、お正月ちっく。数の子とかイクラを盛ったら栄えそうです。貧乏なので紅白なますを盛りましょうかねぇ。


ここから母購入。

ランチプレートと小さじ

1日目の記事にも登場した仕切りつきのお皿。お子様ランチのお皿みたいです
「デザート盛ったらカワイイですよ~♪ ここがソースで、ここがお菓子で、みたいな~」
とか言ってくれましたが、我が家でそんなステキ盛りしてるの見たことないわ

青の小皿

青のお皿。
こちらもざらっとした質感です。青い色がキレイ。

マグカップと栗皿

たっぷり入るマグカップは白い水玉模様がついてます。
栗のお皿は六甲山ガーデンテラスのアートショップで購入。かわいい


これにて怒濤の神戸記事、更新終了です。うへー いっぱい書いたー
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply