スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
【海鮮料理】伊勢エビを料理する
  
タコ美味しかったよ~ ありがとう~
ってお礼言ったら、次の日は伊勢海老が来ました

ええー!?
どこで釣れるの-!!

怪獣みたい

でかーい!

伊勢海老をくれた方の話では、「タコについてきた」そうです。
タコって伊勢海老食べるんですってー。タコって美食家?


……………で、どうやって捌くんだい?


      
ワタクシ、お菓子はたまに作りますが、料理はてんでできません。魚を捌くのもえっちらおっちらです。2枚おろしで勘弁して下さい
もちろん伊勢海老だって捌いたことありません。

ていうか、家で伊勢海老なんて捌かないよ!

初心者の料理本にももちろん伊勢海老の捌き方なんて載ってないので、ここはGoogle先生で調べます。ざっと分かったら、いざチャレンジ。

解体開始

頭とお尻の分解は難なくクリア。
次にお尻の部分の殻を剥きます。ネット情報では、裏返して、硬い殻と柔らかい部分の間に包丁を入れて云々……らしいのですが、切れないよ?

ひっくり返しても、殻がカニのように硬いよ。どういうことなのコレ。
さらにネット情報では、この後硬い殻の部分は指で身を剥げとありましたが、いや、絶体ムリだし

仕方ないので鋏と包丁を駆使して、外科医のように解体しました。

解体中

クジラベーコンみたいになったぜ

なにはともあれ、殻が剥けたのでこのままお刺身になりました。
そして頭と、太い足はお鍋に投入。

茹でる

  ↓

キレイな色になりました

いい色になりました

お刺身と味噌汁

いや~ 2日連続で豪華な夕食だぜ~
頑張った、ワタシ。うん、頑張った。だからしばらく魚は捌きたくない......
スポンサーサイト


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。