豊島ミホ『檸檬のころ』
  
正直に言おう。中学・高校の時代は私にとって黒歴史です(´Д`)
中学はまだしも、高校はホントにヒドイですね。何しに学校に行ってたのか分かんないです。わはははは ……はぁーふう
田舎の女子校でもっさい3年間を過ごしました。

そんなワケで、高校時代の甘酸っぱいストーリーはファンタジーとしか思えません。え、高校のキラキラした時代なんて、別世界の話でしょ?まったり
しかし、久しぶりに本を読んで涙が出そうになりました。しかも高校生の話で。


檸檬のころ (幻冬舎文庫)檸檬のころ (幻冬舎文庫)
(2007/02)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


豊島ミホさんは、「ダ・ヴィンチ」で連載していた『初恋素描写』を読んで以来、ちょっと気になっています。

舞台は田舎の高校。キャピキャピした高校生ギャルが出てくるわけでもなく、甲子園に出るようなカッコイイ野球少年も出てきません。恋人が白血病になってしまったり、売春しているうちにドラッグにハマってしまうような劇的なストーリーもありません。
どこにでもいそうな高校生やその周りの人々のお話です。
ちょっと面倒くさい性格の友人だったり、甲子園の県予選で敗退してしまう野球部だったり、傍から見てると「儲かってるのか?」と思える学校近くの雑貨屋の話だったり。
大学進学のため、地元に残る彼と東京へゆく彼女の別れの話で終わります。

あああああ甘酢っぱぁぁぁぁぁぁいわはは
青臭いけれど、必死な2人に涙が出そうになりました。あわわわわ いいなぁ、これ! きゃーきゃ
有川浩さんのラブストーリーも好きだけれど、豊島さんのラブストーリーも好きになってしまいました。きゃぁー きゃぁー




ところで。
今月24日から読書週間です。
今月初めくらいに「読書週間に何かやろう」と思っていたのに、何も準備せずに読書週間に突入しました。あばばば 
まぁ、毎年のことなんですけどね。(´Д`)
スポンサーサイト
   


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示