くるり

くるり

『ジョーカー・ゲーム』が面白かったので図書館で借りてきました。後半は一気に読んでしまいました。
で。

やっぱり 買えばよかった って思った。(2度目。)

(図書館にあったからつい「あ、借りちゃおー」って思ってしまったのですね。馬鹿ですね。『新世界』も図書館にあるので借りてきます。/いい加減怒られそうだ)


元軍人のフェアフィールドは、巣鴨プリズンの囚人・貴島悟の記憶を取り戻す任務を命じられる。貴島は捕虜虐殺の容疑で死刑を求刑されているが、その記憶からは戦争中の記憶がすっぽりと抜け落ちているというのだ。時を同じくして、プリズン内で不可解な殺人事件が起きる。その殺人は<密室状況>で為されていた。フェアフィールドは貴島の協力を得て、事件の謎を追うのだが……。(出版社からの内容紹介より)

安楽椅子探偵、ならぬ牢獄探偵が難解な謎を解き明かしてゆく……かと思いきや、貴島の失われた記憶を追ってゆくうちに、過去の日本の罪が次第に明らかになってゆきます。
読者が容易に気づく謎もあれば、最後までハッキリしない難関な謎もあり。史実をモチーフにし、深い部分まで取り上げつつも、質の高いエンターテイメント性も持ち併せる。
ううーん、これは『ジョーカー・ゲーム』より面白いかもしれない。以下、ネタバレかもしれない。

貴島の罪――捕虜の虐待、劣悪な待遇――のウラについては、すぐ気がつくのです。ああ、これだから外国人視点の物語は……と思ってしまいます。「文化の違い」というもので、私は翻訳小説などはコレが気になるのであまり好んで読みません。
なんだ、そういう系なのか?と思いきや、きちんと違う謎かけで最後まで楽しませていただきました。フェアフィールドの探していた人物と、貴島との接点、というところではさすがに無理矢理感がありましたが、まぁまぁ。

ミステリーとしても面白かったし、戦争犯罪について(浅くではあるが)責任追及を描いた物語としても面白かったです。
戦時中は「お国のため」と必死になっていたのに、終戦後「騙されていた!」と一斉に手の平を返した国民に、本当に罪はなかったのか。集団心理?とでもいうのか。このへんは伊坂幸太郎の『魔王』や『モダン・タイムス』につながるような、つながらないような。どうなんでしょうか。

貴島の完璧な冷徹さ、そして鋭い観察眼は『ジョーカー・ゲーム』に登場するスパイたちに似ていたものの、また違った雰囲気の作品で面白かったです。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply