くるり

くるり

いつも行く2つ隣町の図書館に、入れてくれないかなー、買ってくれないかなー、と念を送っていたのですが、地元の図書館であっさり見つかりました。やるな、地元。



ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。(「BOOK」データベースより)


実はダ・ヴィンチのプラチナ本として取り上げられる前から気になっていたのですが、ようやく読めました。

買 え ば よ か っ た 。


これは、きちんとお金を払って得るべき上質なエンターテイメントでした。
買おうか未だに本気で迷ってます。

表題作を読み終えたところで、

「本屋大賞3位だなんて嘘だ!」

と、本気で思いました。
『告白』も面白かったのですが、文章のカッコよさが比べ物になりません。非常にスマート。
ひたすら冷淡に描かれる作品世界もとても格好良いのです。上質なエンターテイメント。

人間離れしたテクニック、状況を分析し的確な判断を下す理性、己の正体を隠し通す演技力。
結城中佐を含め、D機関に所属する者は異常な能力を持った者たちであり、非現実的――ファンタジー要素が強いので好みは分かれそうですが、私は好きです。

一番のお気に入りは表題作なのですが、「X X ダブル・クロス」の終わり方がぐっと後を引いてこちらも好きです。描き方によっては「ミッション・インポッシブル」になりそうな「ロビンソン」も好きです。ああ、もう全部好きだーきゃ
続編を熱烈に希望します。


よし。とりあえずまず『トーキョー・プリズン』を買おう。にんまり
その後『ジョーカー・ゲーム』を買おうか考えます。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
晴日  

先日自分のブログにも書いたけど、今読みたい本リストに入っている本だわ。
道尾秀介氏と一緒に賞を獲ったやつだね(*^^*)
だいぶ前からリストに入っていながら予約も何もしてないんだけど(笑)
しかしファンタジー要素が強いのかぁ…。
私どうやら(小説では)ファンタジーが苦手みたいなんだよねぇ~。作品にもよると思うけど。
ちょっぴり不安になってきた今日この頃(笑)

2009/04/23 (Thu) 23:58 | EDIT | REPLY |   
くるり  
Re: タイトルなし

>晴日さん

そうそう、ちょうど本を読んでるときに晴日さんのブログに書かれているのを発見したのです。
ファンタジー要素は強いですが、ライトノベルの香りはしないので、ううーんどうかな?
ルパン三世みたいなカンジです。「いや、それはさすがにムリだよ」みたいな。
ミステリーではありますが、娯楽小説ですねぇ~。

2009/04/28 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   
藍色  

先日は、ありがとうございました。
洗練されたスパイ・ミステリーでしたね。
続編を読みたいです。

こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2009/05/06 (Wed) 14:20 | EDIT | REPLY |   
くるり  
Re: タイトルなし

>藍色さん
こちらこそありがとうございました。
『告白』ではトラックバックし損ねて、そのまま放置していたことに今頃気づきました。ばっか…!(´Д`)

続編熱望です。
トラバありがとうございましたー

2009/05/07 (Thu) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply