スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
伏見稲荷で「そうだ、京都行こう」の写真を撮る
  
IMG_0391.jpg

手作り市を後にして、四条通をてくてく歩きます
、歩くの速い

そんなに距離ないでしょ~、とか思ってたら意外と距離がありました。そんなこんなで、あんみつで有名な「みつばち」に到着。

IMG_0377.jpg


    
続きを読む
   
スポンサーサイト
  
百万遍さんの手作り市に行く【帽子とおうち編】
  
【あらすじ】京都の手作り市なのに、和歌山の作家さんと「和歌山市・四季の里公園のクラフトフェア」の話題で盛り上がった
「今年も4月に開催しますよ」
また行きます!

氏は四季の里公園横にあるガラス工房の先生


3分の2くらい見たところで、別行動してた母と合流。会場を抜け出てて、近くにあるパン屋さんに行っていたらしい。

パンいっぱい買っちゃった~

パンが入ってるエコバックが石のように重くてビビった
小さい子泣きジジィでも入ってたんじゃないか。

    
続きを読む
   
  
百万遍さんの手作り市に行く【ぎゅうぎゅう編】
  
IMG_0400.jpg

ツレのお休みが15日と重なったので、久しぶりに百万遍さんの手作り市に行ってきました
調べてみたら、前回来たのは2010年の3月でした。え、もう4年も経ったの!?

京都に来ること自体、2年ぶりくらい。
一時期はよく来てたのにな~ 久しぶりで、高速道路も変わっていてビックリしました。京都南ICはなくなったの?

市バスにぎゅうぎゅうになりながら乗車して、知恩寺へ向かいます

    
続きを読む
   
  
新宮で今年もフライング初詣してた
  
--ときは昨年末。

IMG_0223.jpg

行ったことないから、熊野大社に行こうよー

一昨年の伊勢神宮に続いて、今回も年の暮れに参拝にいってきました。

去年の記事はこちら

初詣で「神様に新年のご挨拶」があるのですから、「神様に年末のご挨拶」もアリだとは思いますが、全然地元じゃない神様にお参りしに行くのってどうなんだろうか

も帰省していたので、久しぶりに実家の家族4人でおでかけです
    
続きを読む
   
  
ビーバー
  
見えるところはある程度整理整頓しておきたいけれども
見えない場所はゴチャゴチャでも平気なワタクシ

だから、家具はとにかく扉つき!
飾り棚じゃなくて、とにかく隠せるヤツ!
隠せないなら布で隠す!

そんな性格なので、
掃除機が入ってる納戸とか、
もう少し洗濯せずに着たい洋服を詰め込んでおくランドリーボックスとか
ゴチャゴチャしたまま2人暮らし1年半が経過しました

ら。

もうちょっとスッキリならんのかー

ツレから珍しくダメ出しが。
どうやら整理整頓のコツを紹介するテレビを見た模様。余計なもの見やがって。

紙袋もビーバーみたいに溜め込みよって

ビーバー
まぁ、指摘されたとおり紙袋が大量にたまりすぎて、ダム状態だったんですが、それにしてもビーバー

以来、私の中で「ビーバー」がツボってしまって、ときどき思い出し笑いしています。ビーバーの嫁でスマンネ


ビーバー、ブログの下書きをいっぱいしたものの、更新するのが億劫で溜まりまくってるのよね。とりあえず、まだ去年の年末の記事が残ってるのよね。
全部で7つくらい溜まってるんだけど、小出しで更新するわね。面倒くさいからね。あと、プロフィール欄にカフェまとめのリンクも貼ってないのよね。

ビーバー、溜め込むともうどうでも良くなっちゃうのよね。
ビーバー、ちょっと頑張るわね


お家の整理は、捨てたり、棚買ったりして、なんのかんのでスッキリしました。
が、ツレのNAVERまとめアプリに「洗面所のアレンジ・活用法」がブックマークされてるのよね。

ホント、余計なテレビ見やがって
   
  
今だから読んでほしい 寺田寅彦『津波と人間』
  

津浪と人間津浪と人間
(2012/09/13)
寺田 寅彦

商品詳細を見る


「天災は忘れた頃にやってくる」
という名言を残した科学者・寺田寅彦が記した短編。小説とは言い難く、ルポでもなく、論文っぽい内容ですが、とても読みやすいです。
地震・津波災害についての記憶がまだ鮮やかな今、このときに是非読んでもらいたい内容。

昭和8年3月3日、三陸沖にて発生した津波災害から、地震・津波に対する人間の考え方を記しています。大ざっぱにまとめると「人間は災害で痛い目にあっても、ウン十年したらそれを忘れて同じ過ちを繰り返す」ということ。

地震は周期的に発生する、と警鐘を鳴らす科学者と、被災者とのやりとりも興味深いところ。

科学者は「あれほど注意しろと言ったのに、用意してなかったのが悪い」と言う。
被災者は「周期的に来るなら、なぜ予知できないのか」と言う。
科学者は「ずっと昔から警告していたろう」と言う。
被災者は「そんな昔のことなど覚えているか」と言う。

東北大震災の後、同じようなやりとりは山ほどされたのではないでしょうか。
本書には、津波に備えて高台に家を建てる、津波の恐ろしさを忘れないため石碑を建てる、その後どうなってゆくかも記されています。

東北の震災について、「忘れない」ってよく聞きます。
言うのは簡単で、言うだけでは時間が経てばきっと忘れるんですよね。
だからこの本を読んでほしい。未来を担う若い人に読んで欲しい。どうして忘れてはいけないのかが書かれているこの本を読んで欲しいです。


同書は青空文庫で読むことができます。短いので、15分くらいで読める?

青空文庫 『津浪と人間』


青空文庫で同著者の作品がどっさり読めます。
『科学者とあたま』という短編がえらい評価されているようですが、私は『どんぐり』がオススメ。青空文庫で一番オススメと言ってもいいです。短編なのに泣けるっっ
   
  
デッキカフェ@シラサキ にしばしば行ってました
  
IMG_0218.jpg

昨年の年末と、今年の1月後半にデッキカフェに行ってきました。
なんだかんだでけっこう行ってるなぁ

年末は、大掃除が終わってお茶タイム兼だいぶ遅いランチということで、15時過ぎに到着。年内最後の営業日だったので、さすがにお客さんはまばらでした

デッキカフェ@白崎

夕方でしたが、ランチメニューが注文可能でした。ということで、いつものワッフル食べ放題ランチと、新しく登場したっぽいごはん系メニューを注文。ごはん系ランチはワッフル食べ放題はつけられないそうです。ちょっと残念

デッキカフェのトマトパスタ

貝柱とキャベツのトマトソースパスタと

デッキカフェのイタリアンハンバーグ

イタリアンハンバーグランチ。

貝柱がお刺身用貝柱みたいな大きさで、しかもゴロゴロは入ってるのですごくお得
ハンバーグも既製品ではなく、ちゃんと挽肉を捏ねて作ってるっぽくて美味しかったです。でも1500円は高くない?
デザートとドリンクいらないから、1000円くらいになりませんかね。あとワッフル食べ放題つけられるようにして欲しい。

IMG_0216.jpg

ごはん系ランチにはソフトクリームとラスクがつく。

お会計してたら、レジの向かい側に羊毛フェルトの雑貨が少し置かれていました。動物のポシェットとか、指人形とか。あと、子ども用の靴。

IMG_0219.jpg

カワイイし、安かったので衝動買い。なんと1000円
手作り市で買ったら3000円はする。いや、もっとするにちげぇねぇ
ネパール製なのだそうです。もう少し値段上げて、作ってる人の給料に反映させてあげてもいいと思う。マジデ。

そして帰宅後、あいぽんを忘れてきたことが発覚し、大変ご迷惑をおかけしました。すみません。げふげふ


で。
年末にデッキカフェに行ったという話を母にしたら、「行きたーい」と言われました。はいはい

    
続きを読む
   
  
日高町のカフェ“こんぺいとう”にランチを食べに行く
  
こんぺいとう


以前、お茶しに行ったカフェ・こんぺいとうのランチを食べに行ってきました。
今回はツレと2人~

お昼時だったので、お客さんいっぱい。車もいっぱい
路上駐車もいっぱいでしたが、運良く駐車場に停められました
席もいっぱいかなー?と店内に入ったら、またカフェスペースが拡大していました
    
続きを読む
   


カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。