スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
今だから読んでほしい 寺田寅彦『津波と人間』
  

津浪と人間津浪と人間
(2012/09/13)
寺田 寅彦

商品詳細を見る


「天災は忘れた頃にやってくる」
という名言を残した科学者・寺田寅彦が記した短編。小説とは言い難く、ルポでもなく、論文っぽい内容ですが、とても読みやすいです。
地震・津波災害についての記憶がまだ鮮やかな今、このときに是非読んでもらいたい内容。

昭和8年3月3日、三陸沖にて発生した津波災害から、地震・津波に対する人間の考え方を記しています。大ざっぱにまとめると「人間は災害で痛い目にあっても、ウン十年したらそれを忘れて同じ過ちを繰り返す」ということ。

地震は周期的に発生する、と警鐘を鳴らす科学者と、被災者とのやりとりも興味深いところ。

科学者は「あれほど注意しろと言ったのに、用意してなかったのが悪い」と言う。
被災者は「周期的に来るなら、なぜ予知できないのか」と言う。
科学者は「ずっと昔から警告していたろう」と言う。
被災者は「そんな昔のことなど覚えているか」と言う。

東北大震災の後、同じようなやりとりは山ほどされたのではないでしょうか。
本書には、津波に備えて高台に家を建てる、津波の恐ろしさを忘れないため石碑を建てる、その後どうなってゆくかも記されています。

東北の震災について、「忘れない」ってよく聞きます。
言うのは簡単で、言うだけでは時間が経てばきっと忘れるんですよね。
だからこの本を読んでほしい。未来を担う若い人に読んで欲しい。どうして忘れてはいけないのかが書かれているこの本を読んで欲しいです。


同書は青空文庫で読むことができます。短いので、15分くらいで読める?

青空文庫 『津浪と人間』


青空文庫で同著者の作品がどっさり読めます。
『科学者とあたま』という短編がえらい評価されているようですが、私は『どんぐり』がオススメ。青空文庫で一番オススメと言ってもいいです。短編なのに泣けるっっ
   
スポンサーサイト
  
『ダカフェ日記』
  
ダカフェ日記ダカフェ日記
(2007/07/05)
森 友治

商品詳細を見る


だーいぶ昔に書いたことがあるかもしれません。

理想の家庭が写真家の森友治さんちです。
すごく幸せそう。
そしてその幸せな瞬間を上手に切り取る森さんの感性がとってもステキです。
いいなー。こんな家にしたいぜー

続 ダカフェ日記続 ダカフェ日記
(2009/04/24)
森 友治

商品詳細を見る


子どもたちが成長して、家族が増えてゆく様子を見守れるというのも好きです。
他所の家庭なんですけどね。
眺めてるとほっこり温かい気持ちになってくるんですね。

続々 ダカフェ日記続々 ダカフェ日記
(2012/09/14)
森 友治

商品詳細を見る


って記事を書こうとAmazonで検索してたら、

3巻出るのねー!!

うわぁぁぁぁ 絶体買うぅぅぅぅ



(ポイントがつく)地元の本屋さんで!(ケチ)
   
  
大久保ゆう子『本日のスープ』
  
猫は大好きですが、猫グッズというのはあんまり好みません。
同じように、猫の本もあまり買いません。

ウチの子が一番カワイイに決まってんだろ!カッ

というような具合です


今日は久しぶりに古本屋に行ってぶらぶらしていたら、気になるタイトルを見つけました。

『本日のスープ』

あら、なんかレストランみたい
日替わりスープの写真と、その解説みたいな本かな?と思ったら、違いました。



本日のスープ本日のスープ
(2008/12/05)
大久保 ゆう子

商品詳細を見る



キュンときた

目が! 目がこんなにまん丸で、じっと見つめてくるとかもう! もう!
たまにごろんて横になったり、上目遣いになったり、箱詰めになってみたり。
ああああああああもぉぉぉぉぉぉぉぉかわいいなぁ!!

興奮してブクログに書き込みに行ったら、2巻があった。

本日のスープ 2本日のスープ 2
(2009/07/07)
大久保 ゆう子

商品詳細を見る


わぁぁぁぁぁぁ 欲しいぃぃぃぃぃ
   
  
『ジジジイ -GGG-』
  
ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)
(2007/06/22)
小山 宙哉

商品詳細を見る


俊足の泥棒ジジイの話。

自由自在に街を駆け、宙を舞い、
軽やかに安いモノ(たとえばうまい棒)を盗むジジイです。
ちなみに演技もできる70歳。バナナ大好き。

紙飛行機を見つけて「カッコイイ!」と感動したり、
子供と一緒に公園で遊んでいたり。
心は「永遠の子供」です。
しかし、ときには幼い姉妹に笑顔を取り戻し、
ときには関係がこじれた親子の絆を修復する手助けをし、
ときには大切な友人の敵を討つ。

カッコイイじゃないか

ルパンのようだけれども、ちょっと違うのです。だってジジイだもの。
タイトルは「G(グレイト)GG(ジジイ)」なのだと勝手に思っています。

カッコ良くて、面白くて、元気をくれる一冊です。キラキラ プリンパワ~

   
  
今井彰『ガラスの巨塔』
  
ガラスの巨塔ガラスの巨塔
(2010/02/25)
今井 彰

商品詳細を見る


閉館間際の図書館で見かけて、「とりあえず」程度の気持ちで借りてきました。
予想外の「大当たり」でした。

1万人を超える社員を抱え、国内外に82の支局を構える全日本テレビ協会。ここに、三流部署ディレクターから名実ともにNo.1プロデューサーにのし上がった男がいた。湾岸戦争時に作った1本のドキュメンタリーをきっかけに、受賞歴多数の社会派ディレクターとして名を馳せ、プロデューサーとして手掛けた「チャレンジX」は視聴率20%超の国民的人気番組に。天皇と呼ばれる会長の庇護の下、「選ばれし者」の特別職に誰よりも早く抜擢され、さらなる野望をたぎらすのだが…。悪意と情熱が交差するとき、栄光は汚辱に塗り替えられていく。元NHK看板プロデューサーが書き下ろす問題小説。
(Amazon bookデータより)


NHKの人気番組「プロジェクトX」のプロデューサー・今井彰氏の自伝小説です。番組がいかなる経緯で作られ、そして放送が終わるまでの人間模様が描かれます。

女の嫉妬は怖いといいますが、男の嫉妬も相当です。
私は主人公と同じく周囲の人間関係が煩わしい人(そして無能)なので、わりとこんな状況に陥ります。そのためか、読んでいてとても面白かったです。こんなに酷くないですけどね。

自伝なので、内容はほぼ事実です。また、名称がちょくちょくいじられていますが、モデルになった人物・団体は実在します。

これを読んだら、NHKの受信料を払うのがちょっとアホらしくなるかもしれません。
あ、私はキチンと払ってますよ。家のも会社のも。
(しかし、アンテナ繋いでないビデオ鑑賞専用テレビも受信料が発生するのは未だに納得いきません)
   


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

くるり

Author:くるり
猫と雑貨とカフェ大好き。丁寧な暮らしに憧れるけれど、面倒くさくて実現できない残念な人。
和歌山の「海と山に囲まれたど田舎」でツレと息子と3人暮らし。

紀中カフェまとめ日高編有田編紀中雑貨屋まとめできました

カテゴリー
リンク
最近読んだ本
ぽちっとお願いします
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。