今だから読んでほしい 寺田寅彦『津波と人間』

0
津浪と人間(2012/09/13)寺田 寅彦商品詳細を見る「天災は忘れた頃にやってくる」という名言を残した科学者・寺田寅彦が記した短編。小説とは言い難く、ルポでもなく、論文っぽい内容ですが、とても読みやすいです。地震・津波災害についての記憶がまだ鮮やかな今、このときに是非読んでもらいたい内容。昭和8年3月3日、三陸沖にて発生した津波災害から、地震・津波に対する人間の考え方を記しています。大ざっぱにまとめると「...

『ダカフェ日記』

2
ダカフェ日記(2007/07/05)森 友治商品詳細を見るだーいぶ昔に書いたことがあるかもしれません。理想の家庭が写真家の森友治さんちです。すごく幸せそう。そしてその幸せな瞬間を上手に切り取る森さんの感性がとってもステキです。いいなー。こんな家にしたいぜー続 ダカフェ日記(2009/04/24)森 友治商品詳細を見る子どもたちが成長して、家族が増えてゆく様子を見守れるというのも好きです。他所の家庭なんですけどね。眺めてると...

大久保ゆう子『本日のスープ』

0
猫は大好きですが、猫グッズというのはあんまり好みません。同じように、猫の本もあまり買いません。ウチの子が一番カワイイに決まってんだろ!カッというような具合です今日は久しぶりに古本屋に行ってぶらぶらしていたら、気になるタイトルを見つけました。『本日のスープ』あら、なんかレストランみたい日替わりスープの写真と、その解説みたいな本かな?と思ったら、違いました。本日のスープ(2008/12/05)大久保 ゆう子商品詳細...

『ジジジイ -GGG-』

0
ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)(2007/06/22)小山 宙哉商品詳細を見る俊足の泥棒ジジイの話。自由自在に街を駆け、宙を舞い、軽やかに安いモノ(たとえばうまい棒)を盗むジジイです。ちなみに演技もできる70歳。バナナ大好き。紙飛行機を見つけて「カッコイイ!」と感動したり、子供と一緒に公園で遊んでいたり。心は「永遠の子供」です。しかし、ときには幼い姉妹に笑顔を取り戻し、ときには関係がこじれた親子の絆を修...

今井彰『ガラスの巨塔』

0
ガラスの巨塔(2010/02/25)今井 彰商品詳細を見る閉館間際の図書館で見かけて、「とりあえず」程度の気持ちで借りてきました。予想外の「大当たり」でした。1万人を超える社員を抱え、国内外に82の支局を構える全日本テレビ協会。ここに、三流部署ディレクターから名実ともにNo.1プロデューサーにのし上がった男がいた。湾岸戦争時に作った1本のドキュメンタリーをきっかけに、受賞歴多数の社会派ディレクターとして名を馳せ、プロ...